手には筆とねこじゃらし + + + + + + +

樋口 佳絵 Kae Higuchi

+ + + + + + + +
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ペットショップにいくまえに展@京都

嬉しいお誘いを頂き、初めての京都で展示の機会となります。

 

『ペットショップにいくまえに展2017 solomon ring』
9月15日(金)−24日(日)
Open11時〜19時
*会期中20日のみお休み
〒606-8386
京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1
tel 075-201-8298

 

 

nowakiさんブログより

ーーー

もともとは、どいかやさん・とりごえまりさん・URESICAさんが
始められた活動に、賛同する形で、nowakiでも独自企画をたてています。
ペットショップ以外にも、動物を迎え入れる方法があることを知ってほしい、
またペットショップの問題点も考えたいという主旨で、
毎年、動物愛護週間のある9月にグループ展を開催しています。

 

ペットショップにいくまえに

 

 

もちろん、私も主旨に心から賛同し、参加させていただきます。
小品ですが絵と版画(色違いシートも)、そして少しですが猫にまつわるグッズをお送りする予定です。京都のみなさま、そしてお近くの方、どうぞよろしくお願いいたします(=^ェ^=)ノ
 

cat&dog&me 2017

いろいろなお知らせをしたい!と思いますが。

まずは力を注いでおります活動のことを。

 

 

 

 

 

今年も泉マルシェの参加とともに犬と猫と人との幸せな暮らしのお役に立ちたいと、チャリティー活動をスタートさせていただきます◎

 

泉マルシェ2017

2017年9月16日(土)10時〜17時

少雨決行(大雨等の場合は翌日に延期)

会場:泉中央駅前ペデストリアンデッキ
ブース:les autre 6  『cat anddog and me』 →map

*ブースの場所は昨年と同じあたりになります

 

 

チャリティーカレンダーも拙作で12ヶ月、また制作いたします。

また、アーティストマーケットに参加くださる作家さんも今年は増えそうです◎

 

参加作家さま(50音順)

 

un peuさん(布小物など)

大柳暁さん(オリジナルトートバック)

cotoeさん(アクセサリーなど)

坂本千明さん(雑貨など、オリジナルトートバック)

庄司章子さん(雑貨)

Zuckerさん(シュシュ首輪)

高橋英理子さん(木工品)

DAMO Kaffeeさん(珈琲豆)

千葉宏美さん(オリジナルトートバック)

DOKU HEMPさん(ヘンプ雑貨)

樋口佳絵(雑貨など、オリジナルトートバック)

松下さちこさん(雑貨など、オリジナルトートバック))

山本タイシさん(雑貨など)

*出品内容につきましては変更などございます。

 

 

今回は、事務局が「素敵!」と思う作家さんに作画をお願いし、5種のオリジナルトートバックも制作いたしました!

 

また、今年もささやかなワークショップをいたします。

塗り絵缶バッジWS

IMG_7568.jpg

プラ版迷子札WS

こちらは当日に向けて最終調整中です◎

一月をチラ見せ。。。

 

社会にはいろいろな問題があり。なので、何に注目するか、力を注ぐのか、それぞれの思いであるのだと思います。そんな中、私はやはり愛すべき猫たちが、その猫の種族が少しでも幸せになったらと願うのです。この活動の収益の一部は犬と猫と人との幸せな暮らしにお役に立つよう、仙台市動物管理センターのボランティア活動、そして動物愛護団体ミグノンに寄付させていただく予定です。
インスタにて追加情報をお伝えできたらと思っております。
当日、会場でお会いできたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

成猫キジトラ長毛くん◎たんたん◎里親さま募集

《たんたんくん里親さま募集詳細》

IMG_2160.jpg

 

◎キジトラ長毛の男の子です。

◎右前手を怪我のために失い三本足ですが、日常生活には問題ありません。

◎エイズ/白血病、ともに陰性

◎去勢済み

◎ノミダニ、回虫駆除済み(レボリューション滴下2回)

◎ワクチン接種済み(三種混合)

 

とても元気で、人懐っこい男子です◎

おもちゃも大好きで、やんちゃに走り回ります。

撫でられるのも大好き。

のびーっっとお腹を出して、手でワシワシとされるのを待っています。

 

IMG_2177.jpg

今は夏毛なので短めですが、冬にはかなりモサモサでした。

↓冬にお外にいた頃の写真

IMG_9859.jpg

 

 

怪我をしている状態で実家に庭に来るようになったのを心配し、餌付けをし、保護いたしました。

前右手は骨折した?ようで曲がった状態で固まっており、その手を着いて歩いていたために化膿していたこともあり、先生と相談しやむなく断脚に。

術後はとても良好、現在は毛も生え揃い、三本足で上手に色々なことができるようになりました。窓辺にジャンプしたり、おもちゃに飛びついたり。

IMG_1845.jpg

 

大切にして、一緒に暮らしてくださる飼い主様を募集いたします。

宮城県内、または近県で、どうぞよろしくお願いいたします。

 

飼って頂く際のお願い


終生変わらずかわいがって下さる方

完全室内飼いの出来る方

*脱走の防止に努めて下さる方。

*飼育に関して、ご家族全員が賛成されている方。

*未成年の方は保護者様からご連絡下さい。

*年に一回、適切な混合ワクチンを接種をお願いします。

*健康維持に努めた飼育を行ってください。

*『ペット可』アパート、マンションの方。

 規則など改めてご確認下さい

 

*今後、生活環境が変わる予定のある方は、その後も含めご検討下さい。

 ----猫は15年以上生きる長生きな動物です。

 ----結婚や出産、引越などで無責任に手放すのは困ります。

 ----環境の著しく変わる事を予想される方はお断り致します。


お渡し前に必ず、お見合いを設けさせていただきます

 ----その際は、ご足労をお掛けいたしますが、我が家にお出かけ下さい。

お渡しは、必ずこちらからお届けに伺います。

 ----お見合いの際にお渡しは致しません。

 

里親希望のお問い合わせの際は、必ず下記内容についてご記入下さい。

(コピ&ペーストしてお使い下さい。)

◎ペット飼育経験の有無

◎家族構成(主にどなたがお世話をされるのか)

◎だいたいのご住所(市町村程度)

◎飼育環境について(お住まい、先住猫さんの有無など)

*勝手ながら携帯アドレスからのお申し出はお断りさせて頂いております。

 

いろいろと条件が多くなってしまい、すみません。猫が幸せになってほしいとの願いから、つい慎重になってしまいます。ご理解の上、どうぞ宜しくお願い致します。


----------------------------------------------


この他、気になる事などございましたら、メールでご質問下さい。

出来る限り回答させて頂きます。

kakao@@smile.ocn.ne.jp(@を1つとって下さい)

 

 

『にこげの日々』という本

ご報告が遅れましたが、おかげさまで高島屋さんでの展示も終わりました。

ご来場下さいました皆様、本当に有難うございました。久しぶりの東京での展示は、以前とは違った心持ちの会期となりました。時間は進んでいて、私も歩いているのだなと、改めて。感謝の気持ちです。

 

そして、次も始まっております。

 

「にこげの日々」という本を作りました。

猫との暮らしは私にとって、共同生活な感じだなあと常々思います。お互いが意思を持って、それぞれ屋根の下にある、みたいな。それを本にできないかなぁ、、、と、数年前から頭の片隅に思っていたのですが、想像よりも楽しいかたちで実現いたしました◎

 

猫自由律「にこげの日々」

著者:加賀谷真二、加賀谷奈穂美、宮川正人、樋口佳絵

挿絵、装丁:樋口佳絵

発行者:喫茶carta 盛岡市内丸16−16 019-651-5375

仕様:210x73mm 32p モノクロ

@1300yen(税込)

 

IMG_1937.jpg

IMG_1922.jpg

IMG_1935.jpg

 

猫と暮らす夫婦2組が著者。自由律俳句のスタイルで書き綴った言葉に拙画を添えました。

 

刊行は 、盛岡のギャラリーCygさん企画アートブックターミナル東北に招待作家としてお招きいただいたことに合わせ7月29日で、ただいま出品中です。会期中は本に纏わる作品も展示いただきます。私は本のモノクロの挿画に着彩、加筆をいたしました。

*今のところ、「にこげの日々」はCygさんのみのお取り扱いです。

 

スクリーンショット 0029-08-06 午後4.39.28.png

アートブックターミナル東北2017

@Cyg art gallery

 2017/7/29sat - 8/31thu

 

IMG_2210.jpg

ぜひ手にとってご覧いただければと思います。

 

IMG_2024.jpg

IMG_2032.jpg

 

会場にはジャンル様々、本がたくさんありました。

ぜひ色々な本を楽しんでいただければと思います。

IMG_1293.jpg

常設展には嬉しいことに「フラフープ論」も「koma-hoop」も展示されております!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

私は初日に盛岡にお邪魔いたしました◎

そして、出版元で共著作家さんでもある喫茶cartaさんで祝杯。

 

IMG_2040.jpg

 

 

最後になりましたが、高島屋さん展示風景スナップを幾つか。

IMG_1165.jpg

IMG_1445.jpg

IMG_1646.jpg

IMG_1596.jpg

IMG_1595.jpg

iPhoneImage.png

 

有難うございました◎

 

 

 

 

 

 

「エーデル」

高島屋さんでの個展も会期を折り返し、あと4日。初日、2日目以降は会場には伺えず、ご来場をくださいました皆様には大変失礼をしております。

展示が始まり、一息つきやっと展示のことを少し離れて見ることができるように思い、今回のテーマでもある「エーデル」についての想いを、文章に書いてみます。長くなるかもしれませんが、お付き合いください。

 

杉本さんの言葉に描くことをご提案いただのはずいぶん前で。杉本さんも私も面識はなく、それから詩集を拝読したりし、いろいろと話が巡る中で、杉本さんに初めてお会いした時に「これ、いかがでしょう」と、持ってきてくださったのが『エーデル』でした。私の絵の資料を見て、選んできてくださったと。(たしか。うろ覚えですが。)

それは、やはりその通りで、詩を読むと、すんなりと私の描く絵の場面に移行し、色合いも頭に浮かんできました。「とても絵が浮かびます」と即お答えし、そこからこの制作が始まることになったのです。とは言っても、すぐには手を動かさず、時折読み返し、頭で育てて、メモをし。そして実際に制作が始まってからは脳内と手先とのギャップに戸惑うのですが。詩に見合うものができたのか不安に思いつつも、お会いしてから約1年半後にやっと刷り終えた9枚が箱に納まり、そして展示を迎えました。
納める箱も色々と紆余曲折があり、手助けを頂きたどり着いたものです。また、展示のパンフレットに寄稿をくださいました小説家の木村紅美さんとのご縁にも恵まれたことも含め、完成まで、たくさんの糸を繋いでくださった色々な方の顔が浮かびます。そんなご縁の集まりの版画集です。
IMG_1502.jpg
IMG_1497.jpg
IMG_0671.jpg
IMG_1045.jpg
IMG_1039.jpg
箱製作:竹内紙器製作所
長い間繰り返し読み、頭の中にいつも詩があり続けたので、私の脳の中にも一つ「エーデル」という小部屋が出来てしまったようにも思います。
ですので、今回の展示に向け描いた絵は、色の選び方、表情などに、どれもエーデルの気配があるように思い、タイトルにはエーデルの頭文字にちなみ、"E"から始まる英単語にいたしました。辞書を片手に、絵の気配に合う、沿ってくれる言葉を選んであります。

 

会場で一番初めにお客様をお迎えするのは、この子。

「evaporate」蒸気になる、水分が抜けるという意味の英単語です。

「equality」等しい、同等な、対等な。
そのほかにも、いくつものEが会場に散りばめられています。
そして、エーデルについて、そして今回の展示について、杉本さんがテキストを書いてくださっています。
図書新聞No.3308 評者/杉本真維子

『エーデルという部屋』

 

エーデルについて、実際にその部屋があること、エピソードがあることは伺っていましたが、あえて教えていただかないことにして、制作し、そして今になって答え合わせのようにエピソードを聞かせていただきました。杉本さんから頂いた言葉を鵜呑みにして書かせていただきますが、「そのままでした。まるでその部屋を、私を見ているようです」と。展示の感想にその言葉をいただき、ほっと安堵し、詩のなかの言葉のように「終わった」と思えたような。

 

詩は、「エーデル」はいく通りもの解釈をすることができ、私なりの「エーデル」が会場にあるのだと思います。

残すところ数日ですが、お運びいただければ幸いです。

 

 

在廊予定

7/1(土)11時ころ〜18時頃まで

7/2(日)11時ころ〜18時頃まで

*席を外していることもございますが、お許しくださいませ。

 

 

 

個展始まりました
お陰様で日本橋?島屋さんでの「E」樋口佳絵展個展、始まりました。 初日お越しくださいました、お会い出来きました方とのお話がどれも嬉しく、幸せで素敵なスタートとなりました!!有難うございます。
(写真手前のこけし子ちゃん、初日に赤丸がたくさん付き!有難いです!!)
今日も11時(?)〜17時頃まで在廊しておりますので、どうぞよろしくお願い致します(=^ェ^=)

取り急ぎ、スマホからの更新でした◎ .

*次は7/1(土)、2(日)に在廊予定です。(少ない在廊で大変失礼してしまいますが、よろしくお願い致します)


くまおさん

個展の準備で毎日せわしく手を動かしております。

そんな中ですが、ちょっとだけネコのお手伝いです。

 

 

「くまおが山からおりてきた展〜仙台場所〜」

6月2日(金)3日(土)4日(日)
会場/arrondissment(アロンディスモン)



 

山で保護され、シェルター経由で今の里親様のお宅にたどり着いたとっても風情のあるネコさん。くまおさんananの表紙にもなっているとってもスターなネコさん★そんなくまおさんを通じ、保護猫の存在を知ってもらいたいとの願いのこもった展示だそうです。

 

会場のアロンディスモンさんからご縁をいただき、私もささやかですが、展示に参加させていただきます。

くまおさんの紙版画です(=^x^=)

 

IMG_0857.jpg

IMG_0864.jpg

版画に鉛筆色鉛筆で手彩色いたしましたモノタイプ。額装されたものとシートとを販売いただきます。こちらの売り上げの一部は、くまおさん(の飼い主さん)を通じて猫の保護活動の寄付となります。

 

会場ではくまおさんグッズの他、くまおさんの素敵なブローチや、可愛いぬいぐるみなどが並ぶそうです。お店もフランス雑貨やアートブックが並ぶ素敵な空間で、美味しいコーヒーも頂けます。ぜひぜひお越しいただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。(作品販売は通販も対応いただけそうですので、会場のアロンディスモンさんにお問い合わせくださいませ)

 

 

くまおさんもですが、版画の制作は絵の違った面白さが。個展で発表いたしますエーデルの版画集の準備も最終段階です。(版画を納める箱、素敵に出来上がりそうです)ぜひご覧いただけたらと思います。

 

IMG_0671.jpg

 

保護部屋のお二人もお元気です。

 

メダカの卵が孵り、針子が元気に泳いでいます。

 

 

 

 

 

 


 

「 E 」樋口佳絵個展

ここ数日風が強くて。

木がゆらゆらし、窓を叩き。

でも、それを的越しにのんびりと横目で眺めての作業。

視覚と聴覚が乖離しているのが日常でも映画などでも面白いと思ってしまいます。

耳を塞いでいる感じに似ています。

 

 

展示のお知らせです。

 

高島屋展.jpg

『 E 』樋口佳絵展

会期:2017年6月14日wed〜7月3日mon

会場:日本橋高島屋 6階美術画廊X

東京都中央区日本橋2−4−1

tel 03-3211-4111

営業時間 am10:30 - pm7:30

*高島屋さんリンク先のサイトはまだ情報載っておりませんが、そのうち載るはず。

 

ご縁をいただき、詩人、杉本真維子さんの「エーデル」を拝読。

制作をさせていただくことになったのです。

エーデルとは「わたし」と一軒の不思議な家にまつわる、35行の詩。

その内容に寄り添いつつ、でもすれ違ったりしながら、

私が9つの版画を作り、版画集が出来上がりました。

(まだ仕上げ作業中ですが!)

版画集についてはまた改めてお知らせをさせていただきます。

 

このパンフレットの絵もエーデルを思い描きました。

他にも、そんなエーデルに纏わる作品をいくつか展示させていただく予定です。

 

パンフレットには小説家・木村紅美さんのテキストも寄せていただきました。

嬉しいです!!!

パンフレットは街の中など、徐々に置いていただいておりますので、

手に取っていただければ幸いです。

 

今の所下記の箇所です。

メディアテークさん

ターンアラウンドさん

デスティルコーフィーさん

coco-chiさん

カフェモンサンルウさん

 

郵送の準備もしなくてはと思いつつ、制作に気を取られてばかりで。。。

もう暫くかかりそうですが、どうぞお許しくださいませ。

 

 

我が家の猫たちはお元気です。

 

茶トラ女子のそぼろさん、里親様絶賛募集中です。

くわしくは、コチラ ご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽にねこ通信を

最近、ブログにはいつも大切なお知らせばかりで。

ハードルが高くなりがちなので、

あえて、ただのねこ話の日を。

 

今日、さて仕事の続きしよと椅子に座りまして。

その後、ちょっと立ち上がりまして。

ふと、お尻のあたり湿気ってる、、、?

 

うーん。

 

座っているクッション、濡れてましたよね。

してくれましたよね。

暮らしに不満あるんですね。

了解です!と思いました。

 

里親募集中のそぼろさんは毎日チュールに夢中です。

 

断脚したぴょこたんあらため、たんたん。

シャー!としつつ、背中の毛が生えてきました。

撫ででいて、たまにくつろぎます。

 

追記です

突然、たんたんが登場したと読み直して気づきました。

たんたんは、実家の庭で保護したねこです。

1年〜半年ほど前からでしょうか、実家に行った時に、近くの道路で片手を使えずにぴょこぴょこ歩く猫の姿を見かけていて、心配していました。いつしか、実家に訪れるようになったのを機に、餌付けをしてもらい、いつか保護できたらと願っていたのです。保護部屋が空いたら、、、とタイミングを探していたのですが、手の状態が悪そうなことなど心配で、そぼろさんと同室になってしまうけれど保護することに。前脚は、診断の末、先生と相談し断脚することになってしまいましたが、術後は良好です。三本足で、なんとかうまく歩いてくれます。今後はどうしたらいいかわかりませんが、まずは人に慣れてくれるといいなと思っている段階です。どうぞ暖かくお見守りください。

 

 

 

ねこってほんと面白いですね。

一緒に暮らしていると、毎日笑えます。

 

という、軽い更新を。

明日も楽しい日でありますように。

 

展示の準備は、ワクワクドキドキ。

うまくいくといいなーーーーー!な事態発生です。

楽しく進みますように。

 

 

 

チャリティー企画cat&dog&meのご報告

猫の保護活動を続ける中、何か別の形のお手伝いはできないのだろうか。そして、保護するなど実際に手はうごかせないけれど何かしたいと思っていらっしゃる方もいるのでは…そんな想いで始まりましたcat&dog&me。

つらい思いをしている犬さんや猫さんが少しでも減るお手伝いになればとのチャリティー企画をさせていただきました。初めてのことで、

前にと動かすばかりで纏めがなかなかできずご報告が大変遅くなってしまいましたが、ぎりぎり年度内で活動報告をさせてい頂きたいと思います。

 

泉マルシェ2016

株式会社ヒューモスさまにチャリティーブースを提供いただき、ご賛同下さった作家の皆さんの作品やグッズのチャリティーマーケット、カレンダーの販売、ぬりえ缶バッジ&迷子札WSをさせていただきました。急ごしらえでバタバタでしたが、とてもたくさんの方に来ていただきました◎

 

参加くださった作家さま(五十音順、)

アンソレイユさんun peuさん

大柳暁さんcotoeさん

庄司章子さん、高橋英理子さん

千葉宏美さんDOKU HEMPさん

labo1113さん

ブース提供 株式会社ヒューモスさま

 

売上げから経費を差し引いた寄付額

89,796円

(*経費/印刷代、送料、缶バッジパーツ代、迷子札パーツ代など)

寄付先

仙台市動物管理センターボランティアしっぽゆらゆら猫ボランティアの会

 44,898円(2016/10/22センター職員さん経由でお渡し)

◎ランコントレ・ミグノンさん

 44,898円(2016/10/18送金 振込手数料を含む

 

泉マルシェ後、まずは一度会計を締めよう!とアタフタ集計し、寄付させていただきました。ありがとうございました◎

 

ーーーーーーーーーー

泉マルシェ以降の活動

 

cat&dog&me@HUNGAROUND

2016/11/8-13

ターンアラウンドのカフェスペースをお借りして、カレンダーの原画展示(樋口佳絵ミニ個展)とチャリティーグッズの販売、ぬりえ缶バッジWSをさせていただきました。また、会期中に「ねこねこお話会」として、獣医師さんをお迎えし、ねこについて、それにまつわる問題についてお話会をいたしました。

IMG_7544.jpg

 

カレンダーの委託販売&通信販売

カレンダー、いろいろなご縁やSNSなどを通じ、ご賛同くださいました全国のたくさんのお店にて販売をしていただきました。また、多方面より告知下さいましたおかげでたくさんのお問い合わせを頂戴し、通信販売でもカレンダーは全国各地にたくさん旅立って行きました。ありがとうございました◎

 

お取り扱い下さいました販売店さま

ゆぱんき/弘前

喫茶carta/盛岡

Cyg art gallery/盛岡shop+spaceひめくり/盛岡

galleryTURNAROUND/仙台

coco-chi/仙台

galerie arbre/仙台

cafe モンサンルウ/仙台

水の音/仙台

アンソレイユ/仙台

オオタナナエ台所教室/仙台

ぼくの色/名取

URESICA/東京

IGELKOTT handmade bags/山梨

nuta/岐阜

nowaki/京都

現代アートショップsatellite/岡山

 

cat&dog&me@coco-chi

2017/2/2〜2/22

ねこの月に合わせ、coco-chiさんの一角をご好意でお借りしてのチャリティー展をさせていただきました。ご賛同くださいましたcoco-chiさんのお取り扱い作家さんの作品やグッズのチャリティーマーケット、そして、また犬猫塗り絵缶バッジや迷子札WSをさせていただきました。ぬりえ缶バッジがとても人気で!ご参加くださいましたみなさま、そして缶バッジマシン対応をしてくださったcoco-chiさんにとても感謝しております。

ご参加くださった作家さま(五十音順)

麻生日出貴さん、un peuさん、
菅野麻衣子 さん、coco-chidaさん、
cotoe さん、佐々木洋子さん、
しょうじこずえ さん、中川和寿 さん、
もわもわ びより さん ほか

 

また、売上のほか、下記の寄付も頂戴いたしました。

ありがとうございます。

◎coco-chiさん募金箱+ユニゾンさん「シロはんこ」売上/11,400円

◎アンソレイユさんより/7,000円

 

売上から経費を差し引いた寄付合計額+ご寄付

375,638円

(*経費/印刷代、会場費、送料、缶バッジパーツ代など)

寄付先

◎仙台市動物管理センターボランティアしっぽゆらゆら猫ボランティアの会

187,819(2017/3/31職員さんを通じお渡し)

◎ランコントレ・ミグノンさん

187,819円(2017/3/31送金

 

泉マルシェ直後、そして年度末の二回寄付させていただき、

皆様が差し伸べてくださいました手、無事お届けをさせて頂きました。

 

予想を上回る額の寄付をさせて頂けたことに、事務局ふたり、とてもとても感謝しております。思い描いていたものの、実際に始めれば不足のことも有ったり。(お手伝いご協力いただいた皆様に失礼がなかったか心配ですが、どうぞ暖かくお目こぼし頂けますととても助かります。)それでも、皆様のおかげでボランティアの方にたくさんのエールになるであろう寄付をすることができます。本当にありがとうございます。


犬猫の保護に関わると医療費がかさむ場合が多く、資金不足に悩まれているボランティアさん沢山いらっしゃると思います。(実感を込めて)ですので、お金の支援は必要だと思う反面、お手伝いする人が足りないこと、そしてたくさんのお金が集まったとしても保護しなくてはならない子が減らない限り、資金はどこまでも足りることはないのだろうな、とも感じております。ですので、このチャリティー企画では資金のお手伝いが出来たらとの目的の他に、犬と猫と人との暮らしを考えるきっかけの一つになれたらと考えております。興味を持って見ていただけなくても、「何かやってるなー」と、何とは無しに目にしただけでも、きっと何かにつながっていくのではと思います。

 

できましたら来年度もカレンダーを作り、そして企画をさせて頂ければと。チャリティーのあり方、寄付金のお届け先について悩んだり迷ったりもございますが、まずは犬や猫の幸せをお手伝いしたい気持ちを大切にして、立ち止まらず進んみたいと思っております。

 

拙いながら2016年度の活動報告とさせていただきます。

ご協力本当に有難うございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

犬や猫に幸あれ◎

 

cat&dog&me事務局

熊谷かつら

樋口佳絵

catanddogandme2016@gmail.com