手には筆とねこじゃらし + + + + + + +

樋口 佳絵 Kae Higuchi

+ + + + + + + +
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お陰様なのです。
嬉しいお知らせです。

のんちゃん&ぬのちゃん、お嫁入り先が決まりました!
しかも、姉妹一緒に♪♪
うれしいね〜
とてもとてもステキな盛岡のご夫婦の家族になります。
応援有難うございました(^^)/

あとはひなちゃんのお家探しを頑張るぞ〜
IMG_1837.jpg
IMG_1838.jpg
とっても馴れてくれたんですよ〜!
お部屋に行くだけでもうゴロゴロゴロと喉を鳴らしてくれます。
体重は950gを越えました(保護時は550g)
なので、一昨日ワクチンも無事接種。
これでつまらぬ病気にも掛かりにくくなります。

あと、猫にも馴れてきました♪
始めは警戒が強かったので、一頭飼いがいいかな?と思ったのですが、
こっちゃんとも遊ぶようになり、多頭飼いも多分大丈夫。
(もちろん先住猫さんがいる時はお試し期間からのスタート)

良きご縁お待ちしております。



カゴ盛り
R0011734.jpgR0011735.jpg

298円のカゴが人気。
三つ子のこにゃももちろん元気です。

さて、制作しよう。

ラブリー写真
 昨日あげた記事、
なぜかフォーマットが崩れてしまいました。。。
修正後翌日の記事として再度掲載しました。

さて、今日はわかいさアピールの日に
ぬのちゃんとのんちゃんの劇的な可愛さ、
じっくりとご覧下さい。

R0011709.jpgR0011703.jpg
寝ぼけ顔。。。
R0011706.jpgR0011679.jpg
R0011598.jpg
興味津々のんちゃん。
R0011596.jpgR0011658.jpg
R0011663.jpg
プロレスごっこで、力加減を勉強中
R0011654.jpgR0011665.jpgR0011656.jpg
てへっ、としたのんちゃん。
ぷりぷりしてるぬのちゃん。
R0011638.jpg
R0011623.jpg


おまけで春太郎。
はるちゃんもかわいいよー。
R0011553.jpg


どうぞ応援下さい。
そろそろ
ぼんやりしては居れないのです。
いままでぼんやりし過ぎたなあ。

R0011554.jpg
子猫ハウスから元気に飛び出す3匹
保温関係のコードぐちゃぐちゃ。。。

R0011596.jpgR0011679.jpg
びっくり顔のんちゃん

R0011709.jpg
眠る前のぬのちゃん


R0011636.jpg



IMG_1709.jpgIMG_1707.jpg
ぼんやり春太郎。

こにゃたちはこのように育っております。
お水を自分で飲む練習もはじまり、離乳も本格化!?
そして500gになったので、募集を始めなければ。
今週末、のん&ぬのちゃんの募集記事を揚げるのが目標。

春ちゃんは先生と相談して、取りあえず保留。
「ろうと胸」は治るのだろうか??
知識がないので右往左往。
先生は難しそうと考えている感じもする。
うーん。
でも、元気なんですよ、遊んだりしてて。
うーん。
うーん。
やっぱり保留。

良きご縁が繋がりますように。
春ちゃんが健康になりますように。

こねこたち
なんだか時間が経ってしまいました。

何と書いたら良いのやら。。。
そう考えているうちに、そして毎日の乳母業に没頭するうちに、
なんだか日にちが経ってしまいました。

まずは、残念ながら力及ばず。
四つ子ちゃんは三つ子ちゃんになってしまいました。

一番小さかったねねちゃんが亡くなりました。
5月5日3時45分頃だそうです。
前日の5月4日に救急病院に入院し、その夜でした。
夜にお電話でお知らせ下さって、翌日お家に帰ってきました。
看取ってくださった病院に感謝しています。

これは子猫が小さかったこともありますが、私の判断ミスだと思います。
色々と事情はあったのですが、やっぱり反省が沢山あります。
出来ることがもう少しあったと、思っているので。
ねねちゃんには申し訳ないのです。

5月9日、小さな小さな骨になりました。


一緒の日に入院をした春太郎は元気にしています。
もちろん、ぬのちゃんとのんちゃんも元気に育っています。
みんな今週末には500gに届きそうな勢い。
離乳もはじまり、今は子猫用フードをふやかして食べる練習中です。
来た当初からしていた下痢もなんとか落ち着いてきました。
やっと順調に成長中とブログでお伝えできる状態に。

でも。。。
ちょっと問題なのは春ちゃんに肋骨形成不全があること。
「ろうと胸」と言うそうです。
肋骨のかたちがちょっと曲がっているところがあり、
そのせいで肺を圧迫してしまうそうなのです。
うまく育つか判らない、と先生は心配してくれています。
猫さんも色々あります。
私もとてもとても心配です。

でも、春ちゃんは頑張って毎日成長中。
春ちゃんなりに楽しい毎日が送れますように、と願っています。

お陰様で三つ子ちゃんはそんなです。
なかなか気持ちが向かず、ご報告が遅くなってごめんなさい。
次回はかわいいお顔を載せれるように、写真も心も準備しておきます。


本日は重い話で、そして纏まらぬ文で申し訳ないです。
まずは文字でお知らせまで。

さてさて
2012春 保育園はじまりました〜
今年はよつごちゃんです。

R0011327.jpgR0011325.jpgR0011335.jpgR0011341.jpgR0011331.jpg

きじとら、きじとら、きじしろ、しろ
名前は検討中!
順番的には「ぬ、ね、の、は」なのですけどね。
今回も仙台市動物管理センターからの引き取りです。
4/18にセンター入りしたよつごちゃんだそう。
素敵なご縁に繋がるまで、どうぞ応援下さい。

まだ、ミルクの飲ませ方が安定していないので
試行錯誤でがんばるぞ〜っ


+ + + + + + + + + + + +
仙台市の子猫授乳ボランティアについて
仙台市動物管理センターでは、「授乳ボランティア」をお願いされています。
昨年あたりから徐々に始まっています。
私もその一人です。
持ち込まれた生後数日の状態から譲渡可能な大きさまで育てるのがお仕事。
離乳して自分でしっかりご飯を食べれるようになるくらい。
体重800g〜1kg・生後3週間〜1ヶ月程度でしょうか。
その後、センターにまた戻り譲渡子猫として里親様を待つのです。
(*私の場合は引取で、独自に里親様を捜すことにしています)

センターでは今のところ離乳しているかどうかが生死の分かれ目。
離乳していれば譲渡対象として「保護」となるのだそうです。
その離乳までをお手伝いすることで、子猫が助かるのです。
毎日のように持ち込まれる子猫たち、、、
職員さんだけでは手が回らないですよね。

子猫を育てたことのある方。
経験が無くてもお時間と熱意のある方。
もしよろしければセンターにお電話してみてください。
育て方も少しはアドバイスいただけると思います。

出来ることは色々あると思うんですよね。
どうぞよろしくお願いいたします。