手には筆とねこじゃらし + + + + + + +

樋口 佳絵 Kae Higuchi

+ + + + + + + +
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
cat&dog&me通販本日まで!

遅ればせながらのご案内です!

今夜まで!(ほんとギリギリですみません。)

駆け込んでいただけましたら幸いです◎

iPhoneImage.png

cat&dog&meオリジナルグッズの期間限定通販開催中です

チャリティーカレンダー2020と、作家さんにデザインをお願いして制作しましたオリジナルグッズのハンカチ、サーモボトルを購入頂けます◎(グッズの店舗販売はございません)


サーモボトルは受注生産ですので、sold outになることはないのですが、ハンカチは在庫がなくなり次第販売終了になってしまいます。気になっている方はお早めに是非、なのです。

また、猫の不妊手術基金のご協力をお願いしております、村上ヒロユキさんデザインのちょっとパンクな缶バッジも、是非、購入ボタンをポチッとして頂けたら嬉しいです◎


🍄販売期間
2019年10月25日(金)〜23時59分

🍄販売サイト
cat&dog&me STORE
https://catanddogandme.stores.jp
 

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

Izumi Marché 2019出店ご案内

Izumi Marché 2019

今年もブースを提供頂き出店させて頂きます◎
.

Izumi Marché 2019

会場:泉中央駅前ペデストリアンデッキ
日時:2019年9月14日(土)10時〜17時
*小雨決行(悪天候の場合は翌日に延期)

泉マルシェHP

 

cat&dog&me

ブースno.151
●アーティストによるチャリティーグッズ
●販売と犬猫の保護活動についてのお知らせ

このブースでのお買い物は、収益の一部が犬猫の保護活動に寄付となります。

iPhoneImage.png
.

🐱charity market🐶

美味しいもの、

素敵なもの、

可愛いものが、たくさん並びます◎

.
出品作家さん(五十音順)
un peuさん @unpuku 
Shingo Iwasa 

岩佐ゆみ @noyau_yumi.i
unnunさん @unnun.sendai
工藤夏海さん
cotoeさん @cootooe 
佐野美里さん @misatosano
dokuhempさん @dokuhemp82 

DAMOKAFFEE
高橋英理子さん
松下さちこさん @m.sachiko.m 
mugetさん @m_uguet 
樋口佳絵 @kae_o_o_hig 

.

🐱オリジナル チャリティー グッズ🐶
今年は恒例のカレンダー、そしてサーモボトルの再販に加えて、新たなグッズ「オリジナルデザインハンカチ」を作家さんのご協力のもと製作いたしました。このオリジナルグッズの収益は制作経費以外全額が犬と猫と人との幸せの活動へと寄付されます。

いずれのオリジナルグッズも、後日通販を予定しておりますが、イベントでは特別価格でお求め頂けます◎

ぜひ会場にお運びくださいませ!

*************

《2020年版 カレンダー》

iPhoneImage.png

*写真は昨年のカレンダーです

IZUMIマルシェ特別価格/1,000円(税込)
artwork:樋口佳絵

210x120cm、14枚組み

カレンダー、お陰様で4年目も制作することが出来ました。

昨年から今年にかけて我が家を通過した猫たちもたくさん登場する、新作を含めた12点が収められております。

*************

.

《オリジナルハンカチ》

新たなグッズとして、3デザインのハンカチを販売いたします◎

ハンカチとしては勿論ですが、額装して頂いても素敵なデザインもございます。
IZUMIマルシェ特別価格/2,300円(税込)

サイズ45x45cm
素材:キャンブリック(綿100%、日本製)

製造:松尾捺染株式会社

 

製作作家

●坂本 千明さん @chiakisakamoto 
 イラストレーター、版画家

●佐野美里さん @misatosano
 彫刻家

●樋口 佳絵 @kae_o_o_hig 
 画家、cat&dog&me主催
*************

.
《オリジナルサーモボトル》

iPhoneImage.png

昨年好評を頂きましたサーモボトル、4デザインを色違いで再販させて頂きます◎

買い逃したとのお声も多かったので、ぜひお手にとって頂けたらと思います。

IZUMIマルシェ特別価格/3500円(税込)
【ボトルの仕様】300ml(幅57mm×高さ198mm)
レーザー彫刻によるプリント。真空二重構造で保温保冷効果もしっかりしております。

製作作家

●坂本 千明さん @chiakisakamoto 
 イラストレーター、版画家

●NOYAU design studioさん @noyau_yumi.i 
 クリエイティブディレクター、デザイナー、植物療法家
●松下 さちこさん @m.sachiko.m 
 イラストレーター
●樋口 佳絵 @kae_o_o_hig 
 画家、cat&dog&me主催

 

cat&dog&me 飼い主のいない猫不妊手術基金

チャリティー企画cat&dog&meでTNRを支援する「飼い主のいない猫不妊手術基金」を立ち上げます。

飼い主のいない猫、野良猫さんへの不妊手術は、とても重要なことだと思います。

「保健所での殺処分数を減らしたい」

「外で暮らすつらい境遇の猫たちがいなくなるように」

そのどちらの願いの解決の重要な一つとして、猫たちの不妊手術があります。

不妊手術と解決とには少し距離のある内容もあったりします。

私なりの説明を*こちらに書いてみました。よろしければご覧下さい。

=========

TNR

飼い主のいない猫(野良猫)に不妊手術をする活動

.

Trap/一時的に捕まえ、

Nuter/不妊手術、

Return/元の場所に戻す、

猫たちと人の為の活動です。

 

単なる呼び名で、覚える必要はないのですが、そう呼ばれます。

=========
.

その手術の必要性自体にご賛同いただけない場合ももちろんございますが、ご理解くださっていても費用を問題に感じ、行動に移せない方が沢山いらっしゃいます。また、不妊手術を善意で手伝っていらっしゃる「猫ボランティア」の方々は手術費用を自己負担されているケースも多いのです。そんな現状をお伝えし理解を広めつつ、できれば一緒に支援しませんか?そんな想いで、cat&dog&me「飼い主のいない猫の不妊手術基金」をはじめてみます。

来春2020年4月からの支援スタートを目標としております。ご支援、何卒よろしくお願い申しあげます。

.
ご支援はまずは仙台市内のTNR活動に。

メス猫一頭あたり1万円、オス猫3千円の手術代のご支援予定。
cat&dog&meの2019年度チャリティー企画による寄付額の1/2を基金に寄付。

(チャリティー企画と基金の会計、口座は別になっております)

基金専用口座へのご寄付額を上限とし、送金手数料以外を全て手術費用支援として配分致します。

以上をご理解の上、ぜひご支援お願い申しあげます。

 

==========================

飼い主のいない猫不妊手術基金専用口座

ゆうちょ銀行
【店名】八一八
【店番】818
【預金種目】普通預金
【口座番号】4323915
 キャットアンドドックアンドミー

※ゆうちょ銀行口座からお振込みの方へ
【記号】18140
【番号】43239151
 キャットアンドドックアンドミー 

※領収書の発行は行っておりません。どうぞご了承ください。
※定期的にご寄付の状況をHPで公開いたします。
(その際にお振込みいただいた方の年月日とお名前のイニシャルを掲載させていただく予定でおります。)
※もし、支援システムがうまく機能できなかった場合、寄せられた全額を下記2箇所に寄付致します。
(ランコントレミグノンさん、仙台市動物管理センターに関わる猫ボランティア活動)

==========================

.

.

詳しくはcat&dog&meHPの「飼い主のいない猫の不妊手術基金」をご覧ください。
.https://cat-dog-me.org

.

************

以下は個人的な思いです。
.
猫の保護活動を始めた経緯から、、、と思いましたが、それでは長すぎる!と。
ですので、活動の実感から不妊手術の必要性に至るまで気持ちを少し。
猫の保護活動をしていると、やっぱり結構、お金が色々とかかります。経験的にお伝えするならば、保護した子のご飯やおトイレの世話の消耗品、検査代、具合が悪ければ治療費、そして不妊手術費用。数万円があっと言う間に飛んだ…ということもしばしば。時には10万越えも出てきます。でも、目の前で猫が苦しそうにしているのに、治る可能性があるときに、治療費を払わない選択肢はなかなか選べません。それが保護活動の現実です。治療費をメインにどれも省けない必須な費用で、厳しい中捻出しております。
ですが、その「保護活動」自体を減らすためにできることは?と。保護しなくてはならない猫がいなくなるよう、飼い主のいない猫(野良猫さん)たちに不妊手術をし、子孫を増やさず、その一代限りに見守ることです。目の前の困っている猫たちの保護ももちろん大切ですが、飼い主のいない猫たちに不妊手術をし、保護しなければならない猫がいなくなることが何より効果的なのだと、徐々に思い至りました。その感じたことを知って頂きたいと思いcat&dog&meをはじめ、そして不妊手術基金を作りたいとも考えたのです。
猫ボランティアの人がよく言う言葉は、「受け皿を増やすより、蛇口を閉めないと」。救いたくて差し伸べる手から、残念ながら沢山の猫たちが溢れてしまう現状から出た言葉です。そして悲しい気持ちをやる気に変えねばとの想いが込められた例えだとも思います。猫たちを保護して里親さんに託す活動を10年近く続けて、ご縁を頂いた猫たちは80頭くらいになりました。その上でやはり飼い主のいない、外で暮らしている猫たちの不妊手術をもっとみんなに知ってもらい、進めなくては思います。
猫の保護活動に力を注ぐ方々が、突発的な治療費や日々の維持費などどれだけご入用で、ご負担だろうと容易に想像が付きます。ですが、あえて支援をTNR(飼い主のいない猫不妊手術)絞った基金にできたらと考えました。
.
そしてもう一つ。
.
猫たちの幸せを願ってTNR活動をするのですが、猫を捕まえるのが一時的とは言え怖がる姿を見て気持ちが辛くなります。さらに餌やりさんとの「人間関係」、「お金」の問題が絡むので、たまにしかお手伝いしない私でさえ強いストレスを感じることが多いです。ですので、猫の不妊手術に関わる方が、基金をご活用頂きせめてお金のことだけでも負担が軽くなればと願っております。
ふわっと想い描いていた基金のアイデアでしたが、私の足りない部分を強力にサポート下さる方々とのご縁を頂き、このように形になり、スタートいたします。
.
猫が繋いでくれるご縁に感謝です。
.
関わっている人の、ねこにさちあれという気持ちがいっぱいの基金です。
ご協力、ご活用、お願い申しあげます。

 

先日、TNRをした猫さんの子猫たち。
家でしばらく育ててから、里親さま宅に嫁ぎました。

iPhoneImage.png

.

そして、私がお世話している黒っぽいねこさんたち。
女の子は手術済みです。(多分、母娘)
一番手前の男の子(多分、父)は未去勢です。
この縄張りを守ってもらうために強くいて欲しいなと、手術してません。
.
iPhoneImage.png
本当はみんな家の中に入れたいのですが。
そうも行かないのが現状です。
たくさん食べて、元気でいて欲しい。

 

9月からのcat&dog&me

今年も9月からcat&dog&meの活動はじまります◎
参加イベント情報と、新しい活動のお知らせです。
===================
Izumi Marché 2019

ブースno.151

会場:泉中央駅前ペデストリアンデッキ
日時:2019年9月14日(土)10時〜17時
*小雨決行(悪天候の場合は翌日に延期)

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png
===================
MARUVÉLO à marumori
猫ギャラリー
会場:丸森町「齋理屋敷」
日時:2019年10月5日(土)10時〜16時半
iPhoneImage.png
===================
今年も沢山の作家さんやショップの皆様にご協力を頂き、素敵な作品を販売させて頂きます。また、カレンダーやオリジナルグッズもございます。
楽しいブースになるようにと鋭意準備中ですので、ぜひ会場にお越しくださいませ!

そして、新しい活動は、、、

不妊手術の費用を支援するための「飼い主のいない猫の不妊手術基金」です。

皆様のあたたかなご協力のおかげで、cat&dog&meの活動も4年目になりました。
関わってくださる人も増え、感謝の気持ちとともに、繋がったご縁を頼りに、少し活動の幅を広げてみることに!

この9月からご寄付を呼びかけ、来春からの支援スタートを目標としております。
基金を始めるにあたり、cat&dog&meのHP、そして寄付専用口座も開設いたしました。

詳しくはサイトをご覧ください。

cat&dog&me HP

https://cat-dog-me.org

iPhoneImage.png

新しい活動が加わりますが、cat&dog&meの活動は、犬と猫と人との幸せな暮らしを願ってと言うことには変わりはございません。寄付先は昨年同様ランコントレミグノンさん、そして来春からはじめる「cat&dog&me飼い主のいない猫の不妊手術基金」にと予定しております。
ご協力、何卒よろしくお願い申しあげます。

cat&dog&me 2018年度報告

cat&dog&me 2018年度報告

 

大変大変遅くなってしまいましたが、

下記の通りご報告させていただきます◎

 

活動内容

イズミマルシェ2018参加/仙台・地下鉄泉中央駅前(9月)

(株式会社ヒューモス様のご協力によりブースを提供いただいております)

iPhoneImage.png

自転車と旅の日〜マルベロ〜/丸森・齋理屋敷(10月)

  【マルシェ、マルベロ出品作家さん】敬称略で失礼致します。

  アンソレイユ/un peu/大柳暁/喫茶carta/cotoe

   zucker/dokuhemp/DAMOKAFFEEHAUS

  高橋英理子/千葉宏美/松下さちこ

  mugetさん /樋口佳絵、他

 

チャリティーカレンダー委託販売(9月下旬より販売開始)

 【ご協力店さま】(敬称略で失礼致します)

  ゆぱんき/喫茶carta/Cyg/shop+spaceひめくり/

  アンソレイユ/galerie arbre/ターンアラウンド/coco-chi/

  DAMOKAFFEEHAUS/café モンサンルウ/muguet

  オオタナナエ台所教室/arrondissement/ぼくの色/

  URESICA/寅印菓子店/ギャラリー猫町/Amletaron/

  nuta/IGELKOTTO/nowaki/watagumo舎/
  暮らしとおやつひらひら/satellite/

カレンダーとオリジナルグッズの通信販売

  販売期間:10月19日〜23日

  【オリジナルサーモボトル作画ご協力作家さま】

   坂本千明/NOYAU/松下さちこ/樋口佳絵

 

犬猫問題周知用フリーペーパーA4サイズにリメイク作成
 製作、デザイン/樋口佳絵

  通販のほかカレンダー取扱店に置いていただきました

  また、サイトでフリーダウンロード出来るようにもいたしました。

IMG_5682.jpg

花壇大手町町内会企画の地域猫セミナー開催のお手伝い(9月2日)

  講師:NPOねこだすけ代表理事/工藤久美子さん

 

cat!cat!cat! スタンプラリーイベント(仙台、盛岡)
 2月1日〜28日の期間それぞれの会期で開催。
 ●arrondissement+Cy
 ●TURNAROUND

 ●片平市民センター

 ●coco-chi

 ●galerie arbre

 ●DAMO KAFFEE HAUS

 ●喫茶carta

 

各店舗のオーナーさんの飼い猫スタンプを制作。スタンプラリー3箇所でオリジナル缶バッチをプレゼントというイベント。また、花壇大手町の地域猫活動をサポートされてきた片平市民センターさんにもご協力頂き、センターの一角にささやかながら周知ポスターの展示やチラシの配布コーナーを設置。(缶バッチ100個前後お渡しできたように思います。)

 缶バッチデザイン/村上ヒロユキ

 スタンプデザイン/樋口佳絵

 

 【メディア取材、掲載誌】

 ●シティーリビング2019年1月25日 vol.426

 ●webマガジン『シュープレスマガジン』http://www.shoepress.com/

 ●東北放送ラジオ局「∞en Voyage」2/14イベントとTNRについて紹介頂きました。

 ●TOHOKU360 「猫でつながる2月」writer/鈴村加菜 http://www.touhoku360.com//catmonth/

 

 

【経費】

印刷代(カレンダー、周知フリーペーパー、イベントフライヤー)

カレンダー等のパッケージ代

サーモボトル制作費

缶バッチ制作費

送料(カレンダー配送、通信販売発送など)

デザイン代、他。

 

2019年度活動費として5万円の繰越をさせて頂きます。

 *周知パンフレットの印刷代

 *オリジナルチャリティーグッズ制作費として

 

経費を除いた収益 769,066円

募金頂きました額 52,267

 *イズミマルシェ、マルベロにて招きメグ募金箱より

 *cat!cat!cat!会期中の猫リョーシカ募金箱より

 *coco-chiさん2018イベント時の募金箱より

 *ユニゾンさま制作シロハンコの売り上げ

 *千葉宏美さま猫みくじ売り上げ

 *ビヨルクさんイベント時の募金箱より

 

 寄付額合計 821,333円
花壇大手町の地域猫事業

(仙台市管理センターの関わるボランティア活動として)

410,666円

ランコントレミグノンさま

410,666円

 

 お蔭様で、今年度は上記の通り寄付をさせて頂きます。(後日改めて送金、またはお渡しのご報告を掲載致します。)

ご賛同頂き、出品くださいました皆さま、お手伝いくださいました皆さま、そして温かいお気持ちでグッズなどを購入いただきました皆さま、本当に有難うございました。


寄付先のひとつの町内会さんでは、少し前にうかがった頭数ですが、約40頭の猫の不妊手術を実施することが出来たそうです。町内会会長をはじめ、住人の皆さまの協力とご理解、そして、菅原動物病院さんのご協力あっての結果だとお思います。今年度、産まれた子猫はきっとグッと減っているはずかと!(油断は禁物ですが。。。)

 

この様に、具体的にお役に立っているというお話を頂けると、やはり嬉しく思います。そして、東京はH30年度、殺処分0を達成したとのニュースを耳にしました。地方ではまだそれは叶わず、です。昨年度、仙台市は272頭の猫が処分されたとの報告を頂きました。(猫収容数の約43% 内訳:成猫38頭、子猫234頭)0にはまだ遠いですが、それでも数年前よりはとてもとても減っていると感じます。それはボランティアさんたちや地域の方々が実施しているTNR(不妊去勢手術)の効果と猫の譲渡事業の結果だと思います。

 

このことを踏まえ、まだまだ周知を頑張らねばと感じる場面はありますが、もう一歩先の、TNRを頑張っているらっしゃる方の手助けも出来ないかとの想いで模索中です。

 

2019年度も、ヒューモス様のご厚意により泉マルシェ出店が叶いそうです。

無理せず、楽しみつつ、それが犬や猫たち、そして人の幸せな暮らしの手助けになるような企画ができたらと願っております。

何卒どうぞよろしくお願い申しあげます。

 

cat&dog&me事務局

熊谷かつら、樋口佳絵

 

 

 

 

猫たちが『気にならないご近所さん』となる町に

 今年も個展をさせて頂いたターンアラウンドさん。

その町内会が花壇大手町町内会です。

 

昨年度からはじまった猫との共生に向けた町内会活動のひとつとして、猫問題の相談会が開かれます。

ご興味のある方は、ぜひご参加頂けたらと!

 

【 猫と町の問題対策のレクチャーと相談会開催のご案内 】

猫たちが『気にならないご近所さん』となる町に=

講師:NPOねこだすけ代表理事 工藤久美子さん

日時:平成30年9月2日(日)14:00〜15:00

会場:フレール花壇 1階 コミュニティホール

   仙台市青葉区花壇5-36

*申し込み不要、当日会場に直接お越し下さい

お問合せ

花壇大手町町内会長 今野均 ☎090-5834-3711

仙台市片平市民センター   ☎022-227-5333

 

 

クリックで大きくなります。

町で猫を見かけたら、「あ、猫だ。」くらいでしょうか。ちょっと好きな人は「可愛いなあ」と思ったり。

でも、庭に、駐車場に、ゴミ捨て場に、空き地に・・・・と、町に住む猫の密度が上がると、かわいいだけではすまなくなって来て、『猫好き』と『猫嫌い』が住まう、気まずい町になっていってしまいます。人の暮らしの中に住まう猫たちを、町内にとけ込んだ「気にならないご近所さん」にするためには、ちょっとした関心と工夫が必要なようです。

昨年度からスタートした花壇大手町町内会の「飼い主のいない猫の不妊手術をする事業」は、この春の子猫の数の減少など、少しずつ成果が出ているのですが、糞尿の問題など、猫たちのトラブルは、まだ町内会の悩みのたねです。そこで、町内会の地域猫活動の取り組みと問題点、これからどうしたらいいか?を中心に、下記によりNPOねこだすけ代表理事の工藤さんからお話を伺い、相談に乗っていただく会を開催いたします。

具体的な猫と町の問題対策のレクチャーもございます。ご興味のある方は、町内会関係者でなくてもぜひご参加下さい◎

 

主催

花壇大手町町内会

協力

仙台市動物管理センター

cat&dog&me

菅原動物病院

仙台市片平市民センター

こちらの町内会は、昨年度のcat&dog&meご寄付先でもあり、今回の企画もお手伝いをさせて頂いております。

* * * * *

以下、少し長くなりますがこれまでの経緯と共に、企画のご案内を。

ターンアラウンドさんはわたしがフラフラとよく伺うギャラリーです。個展も2015年、2018年とさせていただき、お世話になっています。以前からギャラリー付近で猫を見かけるなと思いましたし、ギャラリーの方とおしゃべりする中で周辺に猫が多いとのお話も伺ったことがあり。そして、2016年cat&dog&me企画として樋口佳絵mini個展を開いた時に企画した「ねこねこお話し会」が町内会長さんとの出会いでした。

 

猫の問題を具体的にどうしたらいい?そのお話会ではなんのお答えも対応もできませんでした。残念ながら。ですが、町内会が属する片平市民センターでも飼主のいない猫の問題への取り組みが始まり、大手町町内会と片平市民センター、仙台市動物管理センター、個人の猫ボランティアさんが協力し、少しずつ活動が始まりました。町内会に猫問題についてきちんと投げかけ、会議し、その上で猫たちと共生する取り組みです。微力ながらcat&dog&meもそのお手伝いをさせていただいております。

 

具体的にはまずはTNR(猫を捕獲、不妊手術をし、元に戻すことをティー、エヌ、アールと呼びます)を昨年末にはじめました。餌やりさんに協力をいただき、まず数頭の手術。その後も、ボランティアさんの協力の元、町内会長も率先し不妊手術に取り組んだ結果、この春の子猫の数が減ったとの成果が出ているそうです。(私は個展でバタバタしたり、子猫を預かってしまったりでもう「TNR手伝う手伝う詐欺」のような状態で、本当に申し訳ないです、、、)町内でも、捕獲器を持っているのでかせますとか、この子は不妊手術済みですとの連絡がきたり、今までのようにトラブルだけではなく、猫についての話題が増えているように伺っています。

 

取り組みの途中経過ですが、取材をして下さった方がいらっしゃいます。

TOHOKU360(記者:鈴村加菜さん)

http://tohoku360.com/chiikineko/

ターンアラウンドで目にしたcat&dog&meのフリーペーパーがきっかけとなりました。

動物管理センター、地域の市民センター、町内会、個人の猫ボランティアのそれぞれの意見を丁寧に汲み取って書いてくださっています。取り組み始めたばかりですが、町内会が前を向いている姿を感じていただけると思います。ぜひ読んでいただければ。

 

そんな町内会の活動も、不妊手術以後の問題に新たに取り組もうとしております。不妊手術済みの猫はもとに戻され、寿命をまっとうするまで「地域猫」としてお世話します。猫のトラブルの『子猫が生まれた!』解決できそうですが、『庭に糞尿が!』などこれからまだ続くハードルが有ります。その為の工夫をどうしたら良いか。近日開催される企画はその部分を主に詳しい方に教えて貰ったり、相談したりする会になると思います。

 

『猫たちが “ 気にならないご近所さん " となる町に』

 

町には色々な個性が住んでいます。とりわけ気になる事をしなければちょっとの問題には目をつぶり、それぞれ個々の幸せに目を向けて暮らしていけます。猫たちだって、そんなご近所さんになってとけ込んで暮らせたらと。企画のタイトル「猫たちが”気にならないご近所さん”となる町に」は私が提案させて頂きました。猫は人の暮らしのそばを離れられません。お米をネズミから守るために日本国内で猫を飼うことを推奨し、増やし、室内外で育てた結果が今の現状だそうです。(結構端折った説明ですが、、、)猫が好きな人も、嫌いな人も、どっちでもいい人も、それぞれの考えがある中で、猫がいることをまあいいかとする為には工夫が必要なのだと思います。

 

TNR(不妊手術)や地域猫(外猫としてお世話をして見守る)は飼い主のいない猫が0(ゼロ)になる途中経過の妥協案です。

ですが、現状の良策なのだと思い、ぜひ進めばいいと願っております。

 

私は猫が好きですが、嫌いな人の立場を考え、取り組むことが大切なのだなとも改めて。

ご都合よろしければ、ぜひぜひご参加ください。